デジタル時代の到来により、動画生成AIは今や注目すべき革新的な技術となっています。

この技術は、人工知能を活用して自動的に動画を作成するもので、私たちのクリエイティブな可能性を大きく広げてくれます。

本記事では、そんな動画生成AIの仕組みや現在の課題、さらにおすすめのAI12選を紹介していきます。

動画制作の新たな可能性を探求しながら、その魅力と課題に迫ってみましょう。

|動画生成AIとは

「動画生成AI」とは、人工知能を使って自動的に動画を作成する技術です。

テキストや画像などの情報を入力とし、それを元に映像や音声を組み合わせて新しい動画を生成します。

動画生成AIの利点は、効率的な制作プロセスや短時間で多くの動画を生成できる点です。

しかし、現時点ではまだ完全に自律的に高品質な動画を生成することは難しく、生成される動画の質やクオリティには限界があります。

そのため、ヒューマンエディターの手による最終調整が必要な場合もあります。

動画生成AIは広告や教育、エンターテインメントなどで利用されており、今後ますますの進化が期待されています。

|生成AIとは

「生成AI」とは、人工知能(AI)の一種で、与えられたデータから新しいコンテンツを自動生成する技術を言います。

ディープラーニングや生成モデルを用いて、テキスト、画像、音声などの情報から新しいデータを生成します。

例えば、画像生成AIは、与えられた画像データから新しい写真や絵画を作り出すことができます。

テキスト生成AIは、与えられた文章を元に、新しい文章を作る能力を持ちます。

これにより、クリエイティビティを拡張し、新たなアートやデザインの創造が可能となります。

他にも音声を作るAIや、先ほどの動画を作るAIなどのクオリティも高く、生成AIの進化は、広告やデザイン、文学などさまざまな分野で注目され、新しい可能性を切り拓いています。

|動画生成AIの仕組み

動画生成AIは、複数の技術や手法を組み合わせて動画を自動生成します。

主な仕組みは以下の通りです。

・データの収集と学習: 最初に、AIが映像や音声の構造を理解するために、大量の映像や音声データをAIに提供します。

・生成モデルの利用: データから学習したAIは、生成モデルを用います。代表的なものにはGANやVAEがあります。

・入力の提供: ユーザーは、テキストや画像などの情報をAIに提供します。これがAIの「指示」や「アイデア」になります。

・生成プロセス: AIは、学習済みのモデルを元に、提供された情報に基づいて動画を生成します。テキストからシーンやキャラクターを構築したり、画像を組み合わせて新しい映像を生成したりします。

|動画生成AIのおすすめ12選

ここからはおすすめのAI12選をご紹介します。機能やモデルなど、気になるAIがあるかぜひ参考にしてください。

Make-a-Video

出典:https://makeavideo.studio/

Meta社が「Make-A-Video」というAIを発表しました。

これは、文章から動画を生成する技術で、文章と動画の組み合わせデータが不足する問題を解決するために、画像生成AIの考え方を利用しています。

具体的には、文章を画像に変換し、基本的なフレームを作り、それを拡大、補間して高品質な動画を作り出します。現在デモが公開予定です。

Phenaki

出典:https://phenaki.video/

Phenakiは、文章と動画を組み合わせてストーリー性のある動画を生成することができます。

C-ViViTエンコーダーとTransformerモデルを組み合わせており、プロンプトに基づいて自然な流れを持つ長い動画を作り出します。

公式サイトでは約2分の動画サンプルも公開され、将来的にはリアルタイムでの動画生成も可能性として示唆されています。

Runway

Runwayは、オンライン上で動画やコンテンツを制作できるプラットフォームです。

Gen-2という最新のツールでは、テキストから動画を生成することが可能で、テキストを入力すると、AIが適切なビデオクリップを生成します。

Runwayは今後、ジェネレーティブAIの中心的なプレイヤーとして、ますます注目を浴びそうな勢いです。

KaiBer

出典:https://kaiber.ai/

Kaiberは、映像制作者向けの便利なAIツールです。

テキストや静止画を使って簡単に動画を作成することができます。

さらに、映像から自動的にシーンを抽出し、それらを編集することも可能で、映像制作の効率を向上させるための機能を提供しています。

7日間の無料トライアルが用意されていますが、その後は有料プランに登録する必要があります。

Synthesia

出典:https://www.synthesia.io/

Synthesiaは、150以上のAIアバターと130言語以上の音声を用意しており、自分の好みに合わせて動画を作成できます。

Synthesiaは、カメラやマイクなしでプロ並みの動画を制作できるサービスで、アカウント登録不要の無料お試しコースがありますが、それ以降は有料プランに加入する必要があります。

動画制作の手軽さとクオリティを両立したAIです。

2short.ai

出典:

2Short. aiは、YouTube動画をAIが分析して、盛り上がっている部分を抜き出すツールです。

自動で字幕をつけたり、短編動画の候補を選んだりできます。

無料でも利用できますが、動画の読み込み時間に制限があります。

2Short. aiは、ショート動画作成に便利なAIツールです。

Video Brain

出典:https://video-b.com/

Video Brainは、AIを活用して、写真やテキストなどの素材からストーリー性のある動画を自動で編集できるツールです。

対話型AIが動画の構成やテロップ文言のアイデアを提案したり、パワーポイントのデータを取り込んだり、画面収録したりできます。

Video Brainは、動画自動生成ソフト市場で3年連続法人シェアNo.1に選ばれたサービスでもあります。

Pictory

出典:https://pictory.ai/

PictoryAIは、テキストやブログ記事から動画を生成できるサービスです。

ジェネレーティブAIの技術を用いて、テキストの内容に合った映像や音声を選択し、編集します。

無料で3本まで動画を生成できますが、それ以上は有料プランに加入する必要があります。

テキストやURLを入力し、音楽や音声を選択するだけで、簡単に動画を作成できます。

InVideo

出典:https://invideo.io/

In Videoは、無料トライアルで透かし模様付きのAIビデオを作成できたり、さまざまなテンプレートやテーマから選べたりします。

また、ソーシャルチャネルでビデオを公開するための共有機能も備えています。

In Videoは、手頃な価格モデルで提供されるAI動画生成ツールです。

Lumen5

出典:https://lumen5.com/

Lumen5は、ブログ記事やテキストなどの素材から動画を自動で生成できるツールです。

クリックやドロップなどの簡単な操作で、本格的な動画を作成することができます。

Lumen5は、初心者でも経験不要で、魅力的な動画コンテンツを数分で作成できるAIビデオ作成プラットフォームです。

Elai.io

出典:https://elai.io/

Elai.ioは、テキストや記事などの素材からAIアバターが喋る動画を自動で生成できるツールです。

3クリックでプロフェッショナルなビデオを生成できます。

Elai.ioは、教育やマーケティングなどの目的に合わせて、ビデオコンテンツを作成できるAIビデオジェネレーションプラットフォームです。

GliaCloud

出典:https://www.gliacloud.com/ja/

GliaCloudは、ニュースやソーシャルメディアの投稿、スポーツのライブイベントなどのコンテンツを30秒から1分ほどの動画に変換できます。

GliaCloudは、動画コンテンツを持たないwebメディアでも動画コンテンツを保有できるようにするAI動画生成プラットフォームです。

|動画生成AIの課題

素晴らしい成長を遂げている動画生成AIですが、まだまだ課題は残っています。

ここでは動画生成AIの課題を3つ解説していきましょう。

正しい情報とは限らない

まず、AIが作り出す動画は正しいとは限りません。

動画生成AIが不正確な情報やフェイク情報を作り出す可能性があります。

AIは元データから学習するだけであり、情報の正誤判断は難しいため、正確性や信頼性の確保が難しい側面があります。

特に教育や報道などでの利用においては、慎重な検証と専門家の確認が不可欠です。

AI技術の進化に伴い、情報の品質管理を強化する必要があります。

著作権侵害の可能性がある

動画生成AIが既存のコンテンツを使用する際、著作権侵害のリスクが生じる可能性があります。

生成されたコンテンツが元素材の著作権を侵害する可能性があるため、適切なライセンス管理と法的対応が重要です。

利用される素材の著作権情報を正確に記載し、著作権の専門家と連携し法的リスクを軽減することが求められます。

このような対策が講じられないと、法的トラブルや著作権侵害の問題が生じる可能性があるため、慎重な対応が必要です。

倫理的な問題が発生する可能性がある

動画生成AIによって作られた情報や映像が、倫理的な観点から問題を引き起こすことが懸念されます。

作られた映像が偽情報や誤解を招く可能性や、倫理的基準に反する内容を含む可能性があり、特に人物の顔や声を合成する場合、プライバシーや人権に対する影響も考慮されます。

AIが自動作成するコンテンツが社会や個人に害をもたらすことがあるため、その監視と適切なガイドラインの確立が重要です。

|まとめ

動画生成AIは、未来のコンテンツ制作に革命をもたらす技術です。

まだまだ正確性や著作権侵害の問題、倫理的な懸念も存在しますが、AIの進化によりこれらの課題への対策も進むでしょう。

さらに、優れたAIツールが数多く開発されており、映像制作の手助けとなってくれます。

今後は、AI技術と人間のクリエイティビティが組み合わさり、新たな映像表現が生まれることが期待されます。

未来のコンテンツ制作において、動画生成AIはますます重要な役割を担うことが予想されるので、今のうちから学び、どんどん活用していきましょう。