近年、バーチャル空間で生活や娯楽を楽しむことができる「メタバース」が注目を集めています。

その魅力は、仮想世界でのゲームやアクティビティを楽しむだけではなく、収益の手段としての可能性を広げている点にもあります。

実際に、仮想空間での土地の取引やデジタルアイテムの販売、ゲーム内での収益化など、多岐にわたる手法が存在します。

この記事では、メタバースを活用してお金を稼ぐ方法に焦点を当て、その具体的な手法を紹介していきます。

ゲームやプログラミングスキルがなくても、誰でも始められる方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

|メタバースとは

メタバースとは、1992年のニール・スティーブンソンのSF小説「スノウ・クラッシュ」の世界に由来する造語で、超越した様子を意味する「メタ(meta)」と宇宙を指す「ユニバース(universe)」を組み合わせたものです。

この概念は、CGで表現された仮想空間であり、現実を超えた広大な空間を形成できます。

メタバースでは、自身のアバターを介してインターネット上で他の人々とコミュニケーションを取り、様々な活動が可能です。

スマートフォンやPCなど、さまざまなデバイスから利用可能であり、自由な交流や創造活動が可能なデジタルな世界を提供しています。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

いまさら聞けないメタバースとは?基礎知識や注目されている理由、ビジネスでの導入事例を解説!
いまさら聞けないメタバースとは?基礎知識や注目されている理由、ビジネスでの導入事例を解説!
メタバースってどういう意味?今さら聞けないメタバースの基本について徹底解説
メタバースってどういう意味?今さら聞けないメタバースの基本について徹底解説

|稼げるメタバースプラットフォーム

特別なVRゴーグルがなくても、誰もが気軽に参加できるメタバース。

中でも、収益化が可能なプラットフォームについて、以下でご紹介します。

ZEPETO

出典:https://web.zepeto.me/en

ZEPETOは、3Dのアバターを作成し、ファッションや交流を楽しむプラットフォームです。

アバター同士で写真や動画を撮影し、SNSに投稿することができたり、有名ブランドやアニメとのコラボレーションで、細かいカスタマイズとバリエーション豊かなアバターを作成できます。

収益化の手段としては、アイテム制作と販売があります。

作成したアイテムを自ら着用したり、SNSで宣伝して知名度を上げることが収益のポイントです。

また、ZEPETOライブでは投げ銭機能があり、視聴者からの投げ銭も収益になります。

さらに、Unityを使ったワールド開発者向けのプログラムも存在し、ユーザーは作成したワールドでの活動によって報酬を得ることができます。

【ユーザー4億超】メタバース「ZEPETO」とは?人気の秘密を解説
【ユーザー4億超】メタバース「ZEPETO」とは?人気の秘密を解説

The Sandbox

出典:出典:https://www.sandbox.game/jp/

The Sandboxは、ピクセルベースのメタバースであり、マインクラフトのような世界が広がっています。

ユーザーはVoxEditという無料ツールを用いて3Dキャラクターやアイテムを作成し、NFTとしてThe Sandbox内のマーケットプレイスで販売可能です。

また、LANDと呼ばれるメタバース内の土地を購入することで、自由にゲーム作成や建築、イベントの開催が可能になります。

これらのLANDを売買または貸し出すことで収益化することもできます。

ゲームは、Game Makerという無料ツールを使用すればプログラミングの知識がなくても3Dゲームを作成でき、入場料を設定することで収益化できます。

【初心者向け】The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは?始め方や遊び方、魅力を紹介!
【初心者向け】The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは?始め方や遊び方、魅力を紹介!

Roblox

Robloxは、レゴブロックのような見た目のプラットフォームで、Roblox Studioという無料ツールでゲームを作成したり、他のユーザーが開発した様々なゲームを楽しむことができます。

例えば、骨を折ってお金を稼ぐシミュレーションゲームやスーパーマーケットを大きくするゲームなどコンテンツは多彩です。

ゲーム内通貨であるRobuxを稼ぐ方法として、イラストの販売や商品、ゲームパスの販売、そしてUGCアイテムの作成や販売があります。

Robuxは条件付きで現金化可能であり、クリエイターとして収益を得ることができます。

ゲームを作成するためにはゲームデザインの知識が必要ですが、その他の方法は比較的簡単に始められるため、自身の趣味やスキルを活かして稼げるプラットフォームとなっています。

話題のRobloxとは?おすすめのゲームや始め方も紹介!
話題のRobloxとは?おすすめのゲームや始め方も紹介!

Axie Infinity

Axie Infinityは、NFTアイテムである「Axie(アクシー)」と呼ばれるモンスターを収集し、戦わせる対戦ゲームです。

このプラットフォームには「アドベンチャーモード」と「アリーナモード」の2つのゲームモードがあり、対戦や繁殖を通じてアクシーを育成します。

アリーナモードでは勝利するとSLPを獲得し、シーズンごとのランキングで上位に入ることでAXSを獲得できます。SLPやAXSは仮想通貨であり、取引所で現金化可能です。

また、繁殖や育成したアクシーはNFTアイテムとして販売でき、手に入れた珍しいアクシーや高いステータスを持つアクシーは高額で取引されることもあります。

稼ぐためには初期費用が必要ですが、ゲームを楽しみながら収益化を目指せる魅力があります。

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)とは?概要から稼ぎ方までわかりやすく解説!
Axie Infinity(アクシーインフィニティ)とは?概要から稼ぎ方までわかりやすく解説!

|メタバースで稼ぐ方法

今や多くのプラットフォームでお金を稼げることが分かりました。

では、具体的に収益化できる手段として、どのような方法が挙げられるでしょうか。

メタバース内のワールド、アイテムを作る

DecentralandやTHE SandBoxなどの人気メタバースプラットフォームでは、「Maker」や「Builder」といったクリエイター向けツールが提供されています。

これらのツールを使って独自のワールドを構築すれば、ワールドの入場料やゲームのプレイ料金、またはコンテストへの応募で賞金を得るチャンスがあります。

このように、それぞれのプラットフォームが独自のビルダー機能を備えており、ユーザーが自由な創造活動を行える環境が整っています。

今後、作品を制作して収益化する方法はますます多様化していくでしょう。

早めにワールド作成やアイテム制作に取り組むことで、将来的な収益機会を逃さないよう準備しておくことが重要です。

NFTを制作して販売する

アバターや装飾アイテムなどを3Dソフトを用いて制作し、それらをNFTとしてメタバースプラットフォームやOPENSEAなどのマーケットで販売することが可能です。

特筆すべきは、NFTが「二次流通時にも手数料収入が得られる」という点です。

つまり、初めてNFTを購入した際にその作者が収益を得るだけでなく、後の転売時にも一定の手数料が作者に支払われるのです。

この仕組みは、作者にとって「不労所得」とも言える収益を可能にします。

各メタバースプラットフォームには、クリエイター向けのツールが用意されていますが、3D作品を制作するためのフリーソフトウェアである「Blender」を使用することも可能です。

ゲームをプレイする

最近、ゲームをプレイして稼ぐ「Play to Earn」と呼ばれる手法が登場しています。

これは、ゲームに毎日参加して仮想通貨を獲得するか、またはゲーム内で入手したNFTアイテムをマーケットプレイスで売却することで利益を得られます。

ゲームを楽しみながら収益を得られるという気軽さがある反面、これらのゲームは始めるために初期費用を要する場合があり、投資の側面を持つこともあります。

そのため、参加前には「投資した額を回収できるか」「獲得した報酬の価値が下落しないか」「ゲームの運用元に信頼性はあるか」など、リサーチしておくことが大切です。

各種情報を把握し、自己責任で参加することが、安全かつ効果的なゲームプレイにつながるでしょう。

メタバースやNFTに投資する

株式投資や暗号資産、NFTへの投資は、メタバース関連銘柄やプロジェクトに直接的に資金を投入し、価値の上昇によって利益を得る方法です。

例えば、VR関連企業やメタバースで使用されるコインなどへの投資が挙げられます。

注目のメタバース企業としては、任天堂やSONY、パナソニック、そしてThe SandboxやDecentralandなどがあります。

暗号資産に関しても、特定のメタバースに紐づいたコインを購入することで、収益を見込める可能性があります。

また、NFTアイテムを購入して価値が上昇した際に売却する方法や、メタバース内の土地を購入して利用する方法もあります。

価格変動のリスクを念頭に置きながら、成長が期待される領域への投資を検討することが重要です。

仮想通貨やNFTを無料で集めて換金する

メタバースやNFTを無料で取得し、それらを換金する方法があります。

これはエアドロップやマイニング、ブラウザの特定機能を利用したり、ポイントサイトや口座開設キャンペーンに参加することで実現できます。

なぜ無料で配布されるのかというと、これらのプロジェクトは人々を集めてサービスの普及を図りたいからです。

プロジェクトが立ち上がる初期段階では、参加者不足のため、注目を集めるために無料で配布することが多いです。

ただし、無償で獲得した暗号資産やNFTの価値が現時点で高くないこともあります。

その後、価値が上昇する可能性もあれば、その逆もあり得ます。

結果を予測することは難しいですが、無料で手に入るなら取っておくことも一考です。

アバターの中の人として働く

これは、仮想空間でアバターとして働く人々を指します。

その魅力は自宅からリモートで働けることや、地域にとらわれない働き方が挙げられます。

アバターワーカーは主に接客や企業イベントでの説明など、仮想空間内での業務を担当します。

特に、企業展示会やイベントでの役割が増えており、ボイスチャットを通じて来場者に製品や企業に関する案内を提供します。

求人数はまだ限られており、多くは非正規雇用での勤務となるため、給与は高くない傾向があります。

ただし、大手企業や人材会社がアバターワーカーの育成に取り組んでおり、アルバイトやパートタイムなどの求人が登場しています。

時給は一般的な接客業よりも高く、2000円程度が相場となっています。

|まとめ

メタバースにおいては、ゲームやコンテンツ制作、NFT取引、関連会社への投資など、さまざまな方法でお金が稼げるようになりました。

ただし、初期費用がかかるものや、ゲームの難易度が高いものなど、さまざまな特徴があることを理解した上で、自分に合った稼ぎ方を見つけることが大切です。

本記事で紹介した方法を参考に、ぜひメタバースで遊びながら稼いでみてはいかがでしょうか。