NFTゲームは、Play to earnと言われる遊びながら仮想通貨を稼げるゲームです。Sorareというゲームでは、ロナウド選手のカードが3,000万円で落札されたと聞くけど、どのような仕組みでお金を稼げるかわからない…

当記事では、人気のNFTゲームランキングはもちろん、ブロックチェーンゲーム技術による仕組みや稼ぎ方を紹介しています。

リリース予定の新作ゲームや日本語対応のゲーム、始め方やおすすめの取引所も紹介しているので、NFTゲームを始める参考にしてください。

目次

NFTゲームとは?稼げる仕組みを解説

ゲームを遊んでお金を稼げる

NFTゲームは、ゲームを楽しく遊びながら仮想通貨を稼ぎ、日本円に現金化できる仕組みが人気を博しています。ソシャゲなど従来のゲームシステムに、「お金を稼ぐ」要素が追加され、ゲーム内報酬や獲得したキャラ・アイテムの売買で仮想通貨を獲得できます。

クリプトスペルズというTCGジャンルで日本初のNFTゲームでは、2022年に200万円の価格相場でカードが落札された事例があります。ゲームのトレンドや始めた時期によって、誰しも稼げるとは言えないものの、プレイ人口が近年急激に増加しています。

ブロックチェーン技術により不正行為が極めて困難

NFTゲームは、ブロックチェーン技術によりアイテム増殖やステータスの改ざん、BOTによる自動化など不正行為が極めて困難です。ブロックチェーンは、「分散型台帳」システムで複数のデータベースを同一データで管理しているので、ゲームデータの改ざんを防止できます。

仮に不正行為を試みたプレイヤーがいても、ブロックチェーンネットワークの過半数以上を一気に変更しない限り、データの改ざんは不可能です。誰しも公平なデータで遊べ、ゲームの透明性が高いことも人気の理由と言えます。

無料プレイで遊べるゲームが多い

NFTゲームは、無料プレイで遊べるゲームが多く、アプリのダウンロードだけで簡単に遊べるゲームもあります。また、ソシャゲ同様ゲームジャンルに加えて歩いて稼ぐMove to Earn(M2E)、寝て稼ぐSleep to Earn(S2E)と言った独自ジャンルにも注目です。

著者は、初期投資なしで遊べるファイブスターズクリプトスペルズなど複数のNFTゲームでプレイしています。初期投資が必要なNFTゲームもあるものの、無課金プレイで遊べるゲームでも十分に楽しめるのが魅力です。

スクエニなど日本大手ゲーム企業が参入

NFTゲーム業界では、FFやドラクエなど超有名IPを手がける「スクウェア・エニックス」など、日本の大手ゲーム企業が続々と参入を発表しています。NFTゲームは、認知度が低くプレイ人口の少なさが懸念されるが、大手企業の有名タイトルの登場で市場が拡大するでしょう。

また、ゲーム雑誌「ファミ通」とブロックチェーンプロジェクトの「Oasys」が『ブロックチェーンファミ通』を無料公開しています。プロモーション活動が活発化することで、近い将来身近なゲームとして多くのプレイヤーが遊ぶことになるでしょう。

NFTゲームは稼げない?評判・口コミから解説

キャプテン翼RIVALSを2.5ヵ月プレイで46万円

サッカー漫画で有名なキャプテン翼のNFTゲームでは、2023年1月のリリースから、「約2.5ヵ月プレイして46万円」も稼いだという声を確認できました。

なお、ゲーム開始時に46万円分投資しての収益報告となるものの、初期投資分を2.5ヵ月で回収しています。日本で高い人気を誇るキャプテン翼のNFTゲームということが起因しているものの、NFTゲームで稼げることを実感させられます。

Axie Infinityで全盛期月給18万円

NFTゲームで超有名な「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」は、SLPトークン(仮想通貨)が高騰していた2021年7月に「1日2~3時間遊んで、月給18万円稼げた」という声が見受けられました。

プレイするゲームや仮想通貨の価格相場によって、誰しも等しく稼げると言えないです。しかし、SNSで注目を浴びているNFTゲームは、Axie Infinityのように稼げる可能性を秘めていることは覚えておくべきです。

STEPN(ステップン)は1日数万円稼げていた

STEPNは、M2E(Move to Earn)と呼ばれるNFTのゲームジャンルで、歩くだけで仮想通貨を得られます。STEPN公式情報では、2022年第1四半期だけで36億円の利益を出しており、ユーザー人気の高さがわかります。

ただし、現在はアクティブユーザーが減少しており、ゲーム内の仮想通貨GSTの価値は下落しています。昔ほど稼げるゲームではありませんが、NFTゲームで稼げることを日本人に強く認識させてくれたゲームです。

NFTゲームの仮想通貨の稼ぎ方

正式リリース前のイベント参加が勝負

情報媒体有名インフルエンサーフォロー(超重要)
公式Discord
公式Twitter
イベントエアドロップ(NFT無料配布)
フリーミント(NFT無料配布)
Giveaway(NFTアート無料配布)
ホワイトリスト(仮想通貨・NFT先行購入権利)
リビール(NFT絵柄の公開ガチャ)

NFTゲームは、正式リリース前のイベント参加が仮想通貨を稼ぐ手段として重要です。NFTゲーム業界では、正式リリース前のイベントに早期参入して、無料配布のNFT獲得や仮想通貨の先行購入をしている方が、稼ぎやすい傾向です。

NFTゲームは、遊ぶより投資目的の方が多く、リリース直後の売切りで稼ぐ環境化が理由です。新作NFTゲームの最新イベント情報をキャッチするために、NFTゲーム関連のインフルエンサーのフォローや公式Discord、公式Twitterの情報網をうまく活用しましょう。

毎日継続してゲームプレイ

NFTゲームは、毎日継続してゲームを遊びながら、長期プレイを想定して仮想通貨を稼ぎましょう。なお、初期投資でNFTアイテムを購入することで、仮想通貨を稼ぐ効率が格段にあがる反面、投資金額の原資回収まで相当な期間を要します。

また、NFTゲーム全体の寿命が短く、リリース後に仮想通貨価格の暴落リスクが想定されるので、原資回収が間々ならない状態が大いに考えられます。あくまでも、副収入で仮想通貨を稼ぐことを意識して、毎日コツコツとゲームを楽しみながら仮想通貨を稼ぎましょう。

NFTの売買やレンタルサービスを利用

NFTゲームで仮想通貨を稼ぐコツとして、ゲーム内で獲得したキャラやアイテム、土地などのNFT売買やレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

Sorareというゲームでは、2022年の取引でロナウド選手のカードが3,000万円で落札され話題になりました。また、Axie Infinityのゲーム

NFTゲーム人気おすすめランキング10選

ゲーム名仮想通貨ブロックチェーンジャンル

PROJECT XENO
GXE
UXE
BNB(BSC)PvPバトル

Axie Infinity
AXS
SLP
ETH
Ronin
カード

The Sandbox
SANDETH
Polygon
メタバース

Sorare
ETHETHカード

CryptoSpells
SPL
MCHC
TGG-verseカード

Decentraland
MANAETHメタバース

TwitFi
TWTETH
BNB
T2E

元素騎士
オンライン
MV
ROND
PolygonMMORPG

STEPN
GST
GMT
ETH
BNB
SOL
M2E

キャプテン翼
RIVALS
TSUBASAGT
TSUBASAUT
Polygonカード

MyCrypto
Heroes
MCHC
RAYS
ETHMMORPG

※Twitter・Discordの数値は2023年3月30日のデータ

NFTゲームランキングは、長年流行っているゲームや初期投資無料で遊べるスマホゲームなど人気が高いplay to earnゲームを紹介しています。

注目のNFTゲーム:PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)

リリース日2023年5月10(水)
ジャンルPvPバトル
プラットフォームスマホ
仮想通貨GXE・UXE
対応言語日本語対応

PROJECT XENOは、プレイヤー同士のPvPバトルに勝利すると仮想通貨やNFTを獲得できるNFTゲームです。人気YouTuberのヒカルさんが公式アンバサダーに就任しており、2023年5月10日(水)に正式リリースされました。

PvPバトルは、3対のキャラを編成して多彩なスキルカードを駆使しながら戦う戦力要素がゲームの醍醐味です。プレイヤーは、キャラの育成を主軸に戦闘を繰り返すことで、仮想通貨の獲得効率を上げられます。

PROJECT XENOの始め方はこちら

1位:Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

ジャンルカード
プラットフォームPC・スマホ
仮想通貨AXS・SLP
対応言語英語

Axie Infinityは、「Axie」と呼ばれるモンスターを育成してバトルするカードゲームです。プレイヤーは、アドベンチャーモードでモンスターを育成し、PvP要素のアリーナに参加して勝利することで仮想通貨を稼げます。

ゲームをプレイするためには初期投資が必要なものの、Axie Infinityの収入だけで家を建てたプレイヤーが話題となったことから、NFTゲームをプレイした経験や知識のある方向けです。

Axie Infinity公式サイト

2位:The Sandbox​(ザ・サンドボックス)

ジャンルメタバース(土地)
プラットフォームPC
仮想通貨SAND
対応言語英語

The Sandboxは、仮想空間で「マインクラフト」のように建物を建てたりゲームを構築できるメタバースです。メタバース上の土地「LAND」を所有し、LAND上に作成した作品を貸し出すことで仮想通貨SANDを稼げます。
また、作成した建物やゲームを貸し出す他、マーケットプレイスで直接売買して仮想通貨を稼ぐことができるので、ゲームクリエイターやデザイナーだけではなく、一般のユーザーでも稼げる仕組みとなっています。

The Sandbox公式サイト

3位:Sorare(ソラーレ)

ジャンルカード
プラットフォームWeb
仮想通貨ETH
対応言語英語

Sorareは、在するスポーツ選手のカードを使用して他プレイヤーと競うNFTゲームです。サッカーや野球、バスケットボールの3種目があり、好きなスポーツを選べます。

プレイヤーとはトーナメントで競うことができ、上位に行くほど報酬が豪華になるので、強いスポーツ選手で最上位を目指しましょう。

Sorare公式サイト

4位:CryptoSpells(クリプトスペルズ)

ジャンルカード
プラットフォームスマホ
仮想通貨SPL・MCHC
対応言語日本語対応

クリプトスペルズ(CryptoSpells)は、トレーディングカードゲームのNFTゲームです。NFTカードでデッキを構築し、CPUやプレイヤーと戦います。クエストやランク戦をこなすと報酬で仮想通貨やカードを獲得できるので、積極的に挑戦しましょう。

また、クリプトスペルズは、初期投資無料で始められるのが魅力です。ゲーム開始時に初期カードが30枚配布されるので、課金してカードを買わないとゲームを始められないなんてことはありません。初心者でも始めやすいカードゲームなので、ぜひ遊んでみましょう。

CryptoSpells公式サイト

5位:Decentraland(ディセントラランド)

ジャンルメタバース(土地)
プラットフォームWeb
仮想通貨MANA
対応言語英語

Decentralandは、仮想土地「LAND」を購入して土地の売買で収益を出すゲームです。購入した土地に建物を建てて集客する方法や人気が出た土地を売ることで稼げます。

また、購入した土地をユーザー自身が発展させられるのも醍醐味です。土地には、入場料の仕組みが設けられており、自身の土地の発展により人気がでれば大きな利益が生まれる可能性もあります。

Decentraland公式サイト

6位:TwitFi​(ツイートファイ)

ジャンルTweet to earn
プラットフォームPC・スマホ
仮想通貨TWT
対応言語英語

TwitFi(ツイートファイ)は、ツイートするだけで仮想通貨を稼げるNFTゲームです。手に入れた卵から鳥を孵化させて、#bTwitFiをつけてツイートすれば仮想通貨「TWT」を獲得できます。

また、TwitFiは初期投資無料で始められるのも魅力です。もちろん、課金してグレードの高い卵を買えばより効率よくTWTを稼げますが、無課金でもTWTを獲得できます。NFTゲーム初心者も気軽に遊べるので、ぜひ利用してみましょう。

TwitFi​公式サイト

7位:元素騎士オンライン

ジャンルMMO・RPG
プラットフォームPC・スマホ
仮想通貨MV・ROND
対応言語日本語対応

元素騎士オンラインは、初期投資無料で遊べる3DMMORPGです。元素騎士の元となったゲームは、2012年に台湾で「Game of the year 金賞」を受賞するほどの人気があります。

仮想空間でゲームを遊びながら、入手したNFTアイテムを売買して利益を得ることができます。NFTアイテムは、クエストクリアやモンスターを倒したりすると入手可能です。

元素騎士オンライン公式サイト

8位:STEPN(ステップン)

ジャンルMove to Earn(M2E)
プラットフォームスマホ
仮想通貨GST・GMT
対応言語英語

STEPNは、NFTのスニーカーを購入してジョギングを行うと、仮想通貨を入手できるNFTゲームです。歩くだけで、仮想通貨を入手できるので、日常生活にも組み込みやすく健康にも繋がります。

STEPNを始めるには、スニーカーを購入する必要があります。NFTゲームが初めてという方は、安く抑えられるSolanaチェーンのSOLがおすすめです。

STEPN公式サイト

9位:キャプテン翼RIVALS(ライバルズ)

ジャンルカード
プラットフォームWeb
仮想通貨TSUBASAGT・TSUBASAUT
対応言語日本語対応

キャプテン翼RIVALSは、キャプテン翼に登場するキャラを育成してライバルと戦うNFTゲームです。ライバルモード(PVE)でキャラを育成し、PVPモードで他ユーザーとバトルを行い仮想通貨を稼げます。

また、育てた選手や獲得したアイテムは、NFTマーケットプレイスで売買できます。キャラを集めてイラストを楽しむなどのコレクション要素もあるので、キャプテン翼が好きな方はぜひ遊んでみましょう。

キャプテン翼RIVALS公式サイト

10位:My Crypto Heroes​(マイクリプトヒーローズ)

ジャンルMMO・RPG
プラットフォームPC・Web・スマホ
仮想通貨MCHC・RAYS
対応言語日本語対応

MyCryptoHeroesは、歴史上のヒーローと共に世界を冒険するMMORPGです。キャラを育成してクエストに挑戦し、獲得した報酬を売買してお金を稼げます。

また、PVPやGVGでバトルを楽しみながらお金を稼ぐことも可能です。BCGとして世界No.1のユーザー数を記録した実績があり、初心者でも遊びやすいため、NFT初心者の方にもおすすめです。

MyCryptoHeroes公式サイト

日本語で遊べるおすすめNFTゲーム10選

ゲーム名ジャンル初期投資

CryptoSpells
カード無料

元素騎士オンライン
MMO
RPG
無料

キャプテン翼RIVALS
カード有料

JobTribes
カード無料

ブレヒロ
MMO
RPG
無料

MyCryptoHeroes
MMO
RPG
無料

FiveStars
RPG無料

EGGRYPTO
育成無料

エルフマスターズ
RPG無料

PolkaFantasy
※リリース予定
カード無料

NFTゲーム初心者は、日本語に対応しているゲームで遊ぶのがおすすめです。ゲームを始めるときに、ブロックチェーンやウォレット、ゲームの仕組みが英語だと理解しにくいです。日本語対応なら日本人ユーザーが多く、わからないことがあっても聞きやすいのが利点です。

また、日本製のCryptoSpellsやブレヒロ、MyCryptoHeroesはゲーム開始時に複雑な手順がないのでおすすめです。著者のおすすめは、アプリのダウンロードのみで、従来のソシャゲと遜色ないクオリティで遊べるファイブスターズが一押しです。

NFTゲームの始め方

手順内容
1国内取引所の口座開設
2海外取引所の口座開設
3メタマスクの登録
4プレイするNFTゲームの初期設定

NFTゲームを始めるには、仮想通貨取引所の口座開設が不可欠です。仮想通貨取引所は、初期投資が必要なゲームのNFTキャラ・アイテムの購入資金、稼いだ仮想通貨を日本円に現金化する時に利用します。

取引所の口座開設後は、メタマスクと呼ばれるウォレット(仮想通貨のお財布)登録やプレイするNFTゲームの初期設定を終えれば、ゲーム開始までの準備が完了します。

1.国内取引所の口座開設

口座開設手順①メールアドレスや電話番号を登録
②個人情報を入力
③本人確認書類の提出

NFTゲームを始めるには、仮想通貨を取引する仮想通貨取引所の口座開設が必要です。国内取引所は、NFTゲーム開始時に初期投資が必要な場合の取引資金となる仮想通貨の購入、稼いだ仮想通貨を日本円に換金する時に利用します。

国内取引所の口座開設は、一般的にどの取引所もメールアドレスや個人情報の登録、本人確認書類を提出します。本人確認書類は、運転免許証など顔写真付きの証明書を提出することで、早ければ1日もかからず口座開設が完了します。

NFTゲームを始めるのにおすすめ取引所5選

取引所特徴

Coincheck
・4年連続アプリDL数No.1
・アプリがシンプルで使いやすい
・親会社がマネックスグループ

GMOコイン
・手数料が取引所以外無料
・オリコン顧客満足度2年連続No.1
・GMOグループで信頼性◎

bitFlyer
・ビットコイン取引量トップクラス
・ハッキングが7年以上なし
・1円からビットコイン購入可能

bitbank
・仮想通貨取引量が国内No.1
・セキュリティ体制が高評価
・アプリの機能が豊富

DMM Bitcoin
・レバレッジ取引の取扱通貨国内No.1
・最短1時間で口座開設
・365日対応のサポート体制

国内取引所の口座開設は、初めて仮想通貨を取引するなら、取引アプリの操作がわかりやすいコインチェックがおすすめです。また、各種手数料で他取引所と比べると、取引所の手数料以外は無料で利用できるGMOコインも口座開設のおすすめ候補です。

なお、国内取引所は無料で口座開設できるので複数登録しておきましょう。各取引所で取扱仮想通貨が異なるほか、複数の取引所に資金を分散することで、万が一トラブルに遭い全資産を失うリスクを避けられます。

2.海外取引所の口座開設

海外取引所は、国内取引所で取扱が無い仮想通貨の購入、換金で口座開設が必要です。なお、NFTゲームで流通する仮想通貨は、海外取引所での上場が主なため、国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所に送金して、プレイするNFTゲームの仮想通貨を購入する流れです。

海外取引所の開設は、日本語に対応しているバイナンスバイビットが人気です。2社の海外取引所を開設すれば、大部分のNFTゲームの仮想通貨の購入、換金で利用可能です。

3.メタマスクの登録

登録手順公式サイトで右上「Download」
②インストールするブラウザを選択(Chrome、iOS、Android)
③ウォレット作成
④パスワード設定
⑤シークレットリカバリーフレーズを確認して入力

メタマスクは、NFTゲームで獲得した仮想通貨を保管するウォレット(お財布)です。仮想通貨取引所の役割を『銀行』と考え、NFTゲームで稼いだ仮想通貨やNFTキャラ・アイテムなどの売買で仮想通貨をやり取りする時に利用します。

メタマスクの登録は、公式サイトの「Download」から簡単に設定できます。なお、登録時に設定した「パスワード」やランダムで決まった「シークレットフレーズ」は、忘れたり第三者に漏洩すると、メタマスクを利用できなくなるので、管理には十分注意しましょう。

4.プレイするNFTゲームの初期設定

仮想通貨取引所とメタマスクの登録を終えたら、プレイするNFTゲームの初期設定を完了させましょう。NFTゲームの初期設定とプレイ環境、アプリのダウンロードのみで遊べるゲームや、ゲーム専用のウォレットを作成するケースなど様々です。

また、NFTゲーム開始時にキャラやアイテムなどのNFTを所持しないと始められないゲームもあります。初期投資でNFTが必要となる場合は、NFTの取引資金がどの取引所で購入できるか確認後、NFTを売買するマーケットで取引してプレイ開始前の準備を終えます。

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)でよくある質問

NFTゲームは無課金でも稼げますか?

NFTゲームは、無課金プレイで稼げるとは断定できません。著者は、初期投資無料で始めたゲームでは、少ない利益しか出せておらず、「稼げた」と報告している多くの方は初期投資前提の方が多いようです。

NFTゲームは儲かりますか?

NFTゲームは、初期投資の金額やプレイするゲームのトレンド、始めた時期などで収支が大きく変わるので、必ず儲かるとは言えません。また、初期投資をしても原資回収を終えてプラスの利益に転じられる保証もありません。

NFTゲームはスマホアプリで遊べますか?

NFTゲームは、スマホアプリで遊べます。play to earn(プレイトゥアーン)の歩いて稼ぐ、ツイートで稼ぐなどのジャンルはアプリが多いほか、Webで遊べるNFTゲームもスマホでゲームをプレイできます。

NFTゲームとブロックチェーンゲームの違いは?

NFTゲームとブロックチェーンゲームに違いはありません。ゲームの仕組みは同じで様々な言い方があり、他にもPlay to earn(プレイトゥアーン)やGameFiとも呼ばれます。

1番稼げるブロックチェーンゲームは?

ブロックチェーンゲームのリリース時期や流行り、投資額により稼げる見込みのあるゲームが変わります。また、ゲームのプレイ時間などで、どの程度稼げるか人によって変わるので、誰しもが特定のゲームで稼げるとも言えません。

まとめ:大手ゲーム企業の参入で将来性に期待

NFTゲームは、スクエニやSEGAなど、国内の大手ゲーム企業が続々と参入を発表していることから、将来的に市場規模の拡大に期待できます。ソシャゲのプレイ人口の歴史から、NFTゲームも近い将来身近なゲームとしてプレイ人口が増加するでしょう。

NFTゲームが流行の波に乗る前に、人気ランキングを参考に無課金で始められるゲームからプレイして、ブロックチェーンの仕組みや稼ぎ方を理解しておくのがおすすめです。