メタバースはただのバズワードではなく、ビジネス界でもその活用が進んでいます。

この記事に辿り着いたあなたも、この新しいデジタルフロンティアに可能性を感じているのではないでしょうか。

しかし、「メタバースを自分のビジネスにどう活かせば良いのか?」、「実際に収益につなげる方法はあるのか?」といった疑問や悩みを抱えているかもしれません。

そこで本記事では、メタバースのメリットやビジネスモデル、活用方法や実際の事例について詳しく解説します。

この記事を読めば、メタバースをあなたのビジネス戦略に組み込むための基礎知識とインスピレーションが得られるでしょう。

|メタバースとは?

メタバースとは、インターネット上に構築された3Dデジタルな仮想空間です。

ユーザーは、アバターを通じてこの仮想世界に参加し、ゲーム、ビジネス、エンターテインメントなど、様々な活動を体験できます。

メタバース(Metaverse)は、「meta(超越的な、高次の)」と「universe(宇宙、世界)」を組み合わせた造語です。

テクノロジーの進化とともに、メタバースはよりリアルで没入感のある体験を提供できるようになりました。

ビジネスの観点から見れば、メタバースは新しい市場やコミュニケーションのチャネルを開く大きな可能性を秘めています。

これは、従来のビジネスモデルを根底から変えるほどの力を持っていると言えるでしょう。

メタバースについての詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

メタバースとは?意味や注目理由・代表例を初心者にもわかりやすく解説!
メタバースとは?意味や注目理由・代表例を初心者にもわかりやすく解説!
メタバースの意味がわからない!意味ないって本当?注目理由・将来性・ビジネス別の有名メタバースを紹介!
メタバースの意味がわからない!意味ないって本当?注目理由・将来性・ビジネス別の有名メタバースを紹介!

|メタバースがビジネス分野で注目を集めている理由

メタバースがビジネス界で急速に注目を集めている背景には、複数の要因があります。

まずは背景的な理由から把握していきましょう。

テクノロジーの発展と普及

まずは、テクノロジーの発展と普及により、バーチャル体験の質が向上したことがあげられます。

これは、VR技術の進化はもちろん、高速通信技術やデバイス機器の進化など、さまざまな分野においての技術革新が大きく影響してます。

5Gなどの高速通信技術により、リアルタイムで高精細な映像や音響を楽しめるようになり、さらには、より軽量で高性能なVRヘッドセットやアクセサリーが体験の質を高めています。

さらに、ブロックチェーン技術の進化により、メタバース内での取引や所有権の管理が安全かつ透明に行われるようになりました。

これらの技術の進歩により、メタバースは単なる仮想空間から、新たなビジネスプラットフォームへと生まれ変わろうとしてます。

メタバース市場の拡大予測

メタバース市場の規模は、今後飛躍的に拡大することが予測されています。

総務省の情報通信白書を参照すると、世界のメタバース市場は2022年に約655億ドルを記録し、2030年には圧倒的な成長を遂げ、約9366億ドルに達する見込みです。

一方、日本に目を向けると、2022年度の市場規模は約1825億円に達し、これは前年比で約245%の増加を示しており、2026年度には1兆円を超えると予想されています。

これらの数字から、メタバースはただの一過性の流行ではなく、今後ビジネスや日常生活に大きく影響してくるでしょう。

ビッグテック企業のメタバース参入と巨額投資

世界の巨大IT企業がメタバースへの参入を表明し、莫大な投資を行っています。

特に、Facebookは社名を「Meta(メタ)」に変更し、メタバース開発に年間1兆円超える投資を発表するなど、業界に大きなインパクトを与えました。

Google、Appleを含む他の大手企業も、この新しいデジタルフロンティアへの投資を加速させています。

これらビッグテック企業の動きは、時代を新たなフェーズへと押し上げる大きな推進力となるでしょう。

コロナ禍によるオフラインの制限

新型コロナウイルスの感染拡大により、リアルでのビジネス活動が制限されたことで、オンライン空間でのビジネスが注目を集めるようになりました。

特に、オンライン上でのバーチャルイベントや仮想商談、教育研修など、メタバースを生かせるシーンが増えたことで、ビジネス活用の可能性が高まりました。

新型コロナウイルスが社会的、経済的に大きな打撃を与えた一方で、皮肉にも、メタバースの技術革新と普及を加速させたと言えるでしょう。

|メタバースのビジネスモデル・活用方法

メタバースは未来のビジネスモデルとその活用方法について無限の可能性を与えています。

このセクションでは、メタバースの活用シーンを見ていきましょう。

メタバースイベント

最初に紹介するのは、メタバース上でバーチャルイベントを開催する活用方法です。

物理的な場所や規模の制約がないため、世界中から人を集められるのが大きなメリットです。

チケット販売、スポンサーシップ、商品サービスの販売などを通じて収益を生み出すことが可能です。

さらに、イベント収益だけでなく、ブランド認知度を高め、顧客との深い関係性の構築も期待できます。

メタバース内でのイベントは、参加者に特別な体験を提供し、ビジネス展開の新たな一手となるでしょう。

バーチャルショップ

メタバース内に仮想の店舗を設けることで、ユーザーに新しいショッピング体験を提供します。

バーチャルショップは、実店舗に比べて初期費用や運営コストが大幅に削減される上に、世界中どこからでもアクセス可能なため、幅広い顧客層にリーチできます。

販路拡大の新たな手段となります。

メタバース広告

メタバースイベントやプラットフォームで広告枠を提供することも可能です。

メタバース広告は、従来のデジタル広告とは異なり、ユーザーが没入感のある体験を通じて自然にブランドと深く関われるのが大きな特徴。

リアルな相互のコミュニケーション体験を通じて、高いエンゲージメントと記憶に残るブランド印象を生み出します。

メタバースの広がりとともに、この広告はターゲット層に直接届く効果的な手段として注目されています。

メタバースオフィス

直接収益を生むものではありませんが、メタバースオフィスも活用方法の一つです。

メタバースオフィスとは、仮想空間内に構築されたオフィスや会議室で、従業員がアバターを通じて働く新しい形態のオフィスです。

ネット環境さえあれば世界中どこからでもログインでき、アバターを通じて対面に近いコミュニケーションを実現します。

このようなコミュニケーションの活性化は、より創造的なアイデアを生み、生産性の向上とチームの結束力強化が期待できるでしょう。

オンライン研修・教育

メタバースは、学校教育や企業研修でも活用されています。

メタバースを活用したオンライン教育では、3Dコンテンツやアニメーションを使用することで学習効率を大幅に向上させます。

具体的には、生体の臓器の構造や専門的な機械の操作方法など、3Dコンテンツで学ぶことで複雑な内容でも直感的に理解するのに役立ちます。

また、メタバースなら場所や時間に左右されず学習環境を提供できます。

これにより、より柔軟に学習スケジュールを計画でき、実践的で効率的な学習体験が可能です。

メタバース観光

メタバース観光は、旅行者が物理的な移動なしに、世界各地の名所や文化を体験する旅を仮想空間ないでするものです。

ユーザーは自宅に居ながら世界遺産の探索、異国の祭りへの参加、さらには未来都市や過去の時代への旅など、現実では不可能な旅行まで味わえます。

この革新的な体験は、ユーザーに現地の魅力を生き生きと伝え、実際に訪れてみたい欲求を刺激し、リアルの観光ビジネスと相乗効果も見込めるでしょう。

バーチャルプロモーション

最後に紹介するのは、メタバース内で商品サービスの展示会やバーチャルショールームなど、プロモーションツールとしての活用です。

ユーザーが仮想空間で直接製品を体験したり、ブランドの世界観に触れることができます。

このようなプロモーション活動は、顧客との強いつながりを築き、製品への関心を高める効果があります。

さらに、新規の客層にリーチしたり、新奇性からSNSで拡散も期待できます。

その宣伝効果は無限大と言えるでしょう。

|メタバースをビジネス活用するメリット

ここではメタバースがビジネスにもたらす主なメリットを整理します。

これらは、ビジネス戦略を考える際の検討ポイントとなるでしょう。

顧客エンゲージメントの強化

メタバースを活用することで、顧客との深いつながりを築くことが可能です。

仮想空間での没入感あふれる体験は、ブランドへの愛着を醸成し、製品への熱狂を生み出します。

例えば、特定のキャンペーンで顧客が直接ブランドストーリーの一部となる体験は、ブランド理念への共感を深めるでしょう。

これらの体験はブランド価値を高め、持続可能な顧客関係の構築に寄与します。

広範囲の顧客層にリーチできる

メタバースの大きなメリットは、地理的な制約を超えて、世界中の顧客にリーチできる点です。

従来のマーケティング手法ではアクセスが難しい遠隔地の顧客や、異なる文化圏の人々も、メタバース内で簡単に繋がることができます。

例えば、バーチャルイベントは世界各地から参加者を集め、ブランドの認知度を大幅に向上させることが可能。

このように、メタバースを活用することで、企業はより広範囲の顧客層にリーチし、新たな市場を開拓するチャンスを得ることができます。

コスト削減に繋がる

メタバースを活用することで、イベントやオフィス運営に関してコスト削減が見込めます。

リアルイベントや物理的なオフィススペースは、場所のレンタル費用、設備投資、運営コストなど、多額の費用が発生します。

一方で、メタバースでは物理的な空間を必要としないため、大規模なイベントの設営費やオフィスのレンタル費用は不要です。

メタバースでも開発費や維持費はかかるものの、規模や期間、ニーズによりコスト効率の良い選択肢となり得るでしょう。

コミュニケーションの強化

メタバースはリモートワークの距離感を解消し、仮想空間で社員が一緒に働く感覚を実現します。

アバターは、表情・仕草を表現する事が可能なため、相手の状況も理解しやすく、コミュニケーションの質が向上します。

これにより、チームの結束力を高め、効果的な協働を促進します。

ブランド差別化と競争優位の確立

メタバースを活用することで、他社との差別化に繋がります。

この革新的なプラットフォームを利用することで、企業は従来とは異なる独自の顧客体験を提供できます。

これにより、ブランドの印象が強烈に残り、競争優位性の確立に貢献するでしょう。

また、メタバースの新奇性は注目されやすく、SNSで拡散されブランドの露出を増やし、認知拡大も期待できます。

|メタバースのビジネス活用事例

では、実際の活用事例をみていきます。

これらの事例を通じて、メタバースがいかにしてビジネスや社会に新たな価値をもたらしているかを探っていきましょう。

大阪労働局:バーチャルハローワーク

出典:https://jsite.mhlw.go.jp/osaka-hellowork/kanren/virtualwakamono.top.html

株式会社クラスターは大阪労働局と協働し、2024年2月、メタバースプラットフォーム「cluster」上に「バーチャルわかものハローワーク」をオープンしました。

これは求職者が自宅からアバターを使って、就職相談や企業説明会に参加できるバーチャルハローワークです。

このプロジェクトは、対面コミュニケーションが不安な若者や、就活に抵抗を感じる若者に、もっと気軽にハローワークを利用してもらいたいという思いから実現しました。

これは、匿名性を保ったまま気軽に参加できるメタバースの強みを活かした事例であり、就職活動の新しい形を提案しています。

三越伊勢丹:仮想都市「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」

出典:https://www.rev-worlds.com/

三越伊勢丹は、スマートフォンアプリ「REV WORLDS」を通じて、仮想都市「レヴ ワールズ」を展開しました。

このアプリでは、新宿東口と伊勢丹新宿本店がデジタル化され、ユーザーは自宅から仮想新宿をアバターで散策しながら、仮想伊勢丹では選りすぐりの商品を直接購入できます。

このプロジェクトは、メタバースのインタラクティブな体験価値を利用し、新たなオンラインショッピングの形を提案するものです。

ユーザーは、電車や店内の人混みのストレスを軽減でき、物理的な距離の問題もなく、気軽にショッピングを楽しめます。

販売店にとっても広く集客でき、土地などの不動産を取得することなく、販路拡大を実現できます、

顧客にとっても、販売店にとっても、社会にとっても、三方よしを実現する取り組みと言えるでしょう。

サンリオ:SANRIO Virtual Festival

出典:https://v-fes.sanrio.co.jp/

サンリオは、2024年2月19日から3月17日まで「SANRIO Virtual Festival 2024 in Sanrio Puroland」をVRChat上で開催しています。

このイベントは、2021年12月に初めて開催され、今回で3回目となるバーチャル音楽フェスです。

サンリオの人気キャラクターをはじめ、有名アーティストを集めたフェスで、前回の来場者は230万人を記録、一気に世界最大級のメタバースイベントとなりました。

これほど多くの人を集められたのは、仮想イベントならではの強みを活かし、世界中からファンを集められた事が大きく影響しています。

今回はバーチャルテーマパークへと進化し、バーチャルアーティストやサンリオキャラクターが出演する音楽パフォーマンスをはじめ、様々なコンテンツがボリュームアップ。

音楽フェスを超えたVRテーマパークとして、サンリオファンからバーチャル上級者まで幅広く楽しめる内容になっています。

スタンフォード大学:教育カリキュラム「Virtual People」

スタンフォード大学では、VR技術を駆使したカリキュラム「Virtual People」を導入しています。

これはMeta社のVRヘッドセット「Meta Quest 2」を使用し、授業のほぼ全てをメタバース内で行うというものです。

生徒たちは宇宙空間を漂ったり、真っ青な海の中でサンゴ礁を観察したりと、教科書やディスプレイでは得られない非現実感のある授業を受講することができます。

2021年からスタートしたカリキュラムには数百人の生徒が参加し、年間で150日程度の時間をメタバース空間内で過ごしているそうです。

教育分野でのメタバースの活用は、学習者に現実世界では体験できない貴重な視点と相互のコミュニケーションを提供し、教育の可能性を大きく広げています。

教育分野でのメタバース活用については、以下の記事で詳しく解説しています。

教育分野×メタバースの活用事例12選!活用におけるメリットや課題も解説
教育分野×メタバースの活用事例12選!活用におけるメリットや課題も解説

メタバース大型商業施設:そらのうえショッピングモール

出典:https://soranoue.com/

「そらのうえショッピングモール」は、ベネリックデジタルエンターテインメントと当社monoAI technologyが共同で開発したメタバース内の大型商業施設です。

ジブリやエヴァンゲリオン、サンリオなど人気キャラクターショップが集結した「キャラクター館」をはじめ、「サブカル館」、「ご当地館」、2024年2月には「ゲーム館」がオープンし、200店舗以上が集まったバーチャルショッピングモールです。

スマートフォンやPCからアクセス可能で、ユーザーはアバターを通じて自由に施設内を探索し、ウィンドウショッピングやイベントを楽しめます。

このプロジェクトは、メタバースが提供する新しいコミュニケーションの場とショッピング体験の可能性を示しています。

入場方法などの詳しい情報は以下をご覧ください。

メタバース上の大型商業施設『そらのうえショッピングモール』とは?特徴と入場方法、FORTNITEとの連携について解説!
メタバース上の大型商業施設『そらのうえショッピングモール』とは?特徴と入場方法、FORTNITEとの連携について解説!

|メタバースのビジネス活用のデメリット

ここまでメタバースのポジティブな側面に焦点を当ててきましたが、ネガティブな側面に目を向けることも重要です。

ここではメタバースのデメリットについて解説します。

失敗しないためにもリスクや課題についても理解しておきましょう。

メタバースの開発コスト

メタバースの実装は高度な専門スキルが必要であり、エンジニアの数も少ないため、高額な開発コストがかかります。

開発コストは、どのようなメタバースを構築するかで大きく変わりますが、カスタマイズされたオリジナルの仮想空間の構築には、数百万レベルを想定した方がよいでしょう。

しかし、前述した通り、メタバースの活用メリットも非常に魅力的であり、リアル開催との費用対効果を比較した上で選択するとよいでしょう。

メタバースの費用については、以下の記事で詳しく解説しています。

メタバース構築にかかる費用とは?おすすめの開発会社や選び方も解説!
メタバース構築にかかる費用とは?おすすめの開発会社や選び方も解説!

セキュリティリスク

メタバースのセキュリティリスクは、ビジネス活用における重要な懸念事項です。

不十分なセキュリティ対策やシステムの脆弱性は、ハッキングのリスクを高め、アカウントの乗っ取り、なりすまし、暗号資産の盗難など深刻な被害に繋がります。

また、メタバースの匿名性を悪用した詐欺や不正行為を働くユーザーの対処も考慮する必要があるでしょう。

これらのリスクを軽減するためには、強固なセキュリティ対策やユーザーへの注意喚起が不可欠です。

メタバースの普及度

現時点でのメタバースの利用者は、決して多くはなく限定的と言わざるを得ません。

三菱総合研究所の調査によると、日本国内でのメタバースの認知率は83%に達していますが、実際に利用経験があるのは全体の5.5%にとどまります。

さらに、利用者の多くは20代男性でユーザーの年齢層や性別に偏りがあります。

したがって、商品サービスのターゲット層が異なる場合は、メタバースのプロモーション効果が出にくい可能性があります。

ただし、最近の調査では、40代男性の利用や、10代〜20代女性の利用も増加しており、徐々に拡大している傾向があります。

逆の視点から見れば、メタバースのプロモーションは消費者にとって新奇性に富んでおり、注目されやすく拡散につながる可能性を秘めています。

|メタバース活用のおすすめプラットフォーム

最後に、メタバースのビジネス活用におすすめのプラットフォームをご紹介します。

cluster

出典:https://cluster.mu/

「cluster」は2017年のリリース以来、100万回以上のダウンロードと2,000万人の累計総動員数を誇り、日本最大のメタバースプラットフォームとしての地位を確立しています。

バーチャル渋谷での大規模イベント開催や、ポケモン、ディズニーといった世界的な有名企業とのコラボレーションは、その人気と影響力の大きさを物語っています。

66億円を超える資金調達を達成し、テレビ朝日ホールディングスやKDDIなど著名な企業からの出資も受けています。

【clusterの魅力】

  • 日本最大のメタバースプラットフォーム
  • コミュニケーションを重視したユーザー体験
  • 有名企業とのコラボレーション
  • スマートフォンでの利用者が多い
  • 日本市場に特化したコンテンツやイベントが豊富

以下の記事で詳しく解説しています。

日本発のメタバースcluster(クラスター)の始め方・使い方を分かりやすく解説!
日本発のメタバースcluster(クラスター)の始め方・使い方を分かりやすく解説!

VRChat

出典:https://hello.vrchat.com/

「VRChat」はGraham GaylorとJesse Joudreyによって開発され、現在は米国のVRChat Inc.が運営しているソーシャルVRプラットフォームです。

2014年1月16日にリリースされ、その規模は世界最大と言われています。

特にVRを利用した際の没入感は圧倒的で、世界中のプレイヤーとの密接な交流が実現可能です。

日本語には非対応ながらも、日本国内の利用者数は30万人以上とされています。

【VRChatの魅力】

  • 没入感のあるVR体験
  • ユーザーが自らワールドやコンテンツを作成できる
  • 「バーチャルマーケット」などの商業イベント、企業コラボを開催
  • 国際的なユーザーベース

以下の記事で詳しく解説しています。

VRChatとは?料金・できること・必要なものや始め方を初心者向けに解説!
VRChatとは?料金・できること・必要なものや始め方を初心者向けに解説!

XR CLOUD

手前味噌で恐縮ですが、最後に当社のメタバースプラットフォーム「XR CLOUD」をご紹介いたします。

XR CLOUDは、大規模通信技術とAI技術などの先進技術の粋を集めたメタバースプラットフォームです。

数万人規模の同時接続を実現する「モノビットエンジン」を搭載しており、ラグの少ないバーチャル体験が可能。

従来のメタバースプラットフォームでは難しいとされていた大規模イベントの開催も問題ありません。

PC、スマホ、Webブラウザ全ての端末から接続できるマルチデバイスにも対応しており、イベントの内容に応じて自由にカスタマイズできるのも強みです。

XR CLOUDは、最先端テクノロジーを結集した新たなデジタル空間を提供します。

【XR CLOUDの魅力】

  • 数万人規模の同時接続でもラグが少ない
  • イベントの内容に応じて自由にカスタマイズ可能
  • PC、スマホ、Webブラウザ全ての端末から接続可能
  • 様々な業界・業種の個別のニーズに対応した独自のメタバースを構築

XR CLOUDのご相談をはじめ、メタバースのビジネス活用に関するご相談も受け付けております。

疑問点やお悩みなどあれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談する

|まとめ

いかがでしたか?

本記事では、最新のメタバースビジネス事例や、メタバースビジネスのメリットや方法について紹介しました。

事例で紹介したように、昨今多くの企業がメタバースをビジネスに活かした取り組みを行っており、これからもさらなる展開が期待されます。

これからの時代においては、メタバースの活用を上手く取り入れて、ビジネスの発展に繋げることが重要になってくるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!